calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

プロフィール

profilephoto Follow hiroyuki_kouno on Twitter
(株)ビッツ・ワークス代表取締役。 WEBサイトのプロデュースなどを手がける。 主な活動地域は東京都八王子市。 趣味は読書、スポーツ、一人旅。
...さらに詳しく

おすすめ本


人生を豊かにするためには定番中の定番。まだ読んでいない人は必ず読んでおいたほうがいい。(この本についての記事


自分を信じ貫くといった強い自分を持つために必読。(この本についての記事


ナチスドイツの強制収容所での実話に基づく感動の一冊。人生の意味を見つめ直し強く生きる決意をするならこれ。(この本についての記事


フローとは寝食も忘れるほど一つのことに熱中している状態。個人も会社もフロー状態になるためのノウハウが書いてあり。とても参考になります。(この本についての記事

Twitter

スポンサーサイト

2010.04.26 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

坂の上の雲(書評)

2010.03.19 Friday
 有名な「坂の上の雲/司馬遼太郎」を読んだ。
キッカケはNHKでやっていたドラマだが、最近は日本の近代史にもすこし興味があったからでもある。

近代史は他国との戦争の話しが主になるためだろうが、教育でも意図的に触れないようにしているのであまり知らない。
明治維新以降については、激動の時代だったにも関わらず知らな過ぎると思っていた。

本書は、日清、日露戦争が舞台だが、当時の日本人のあり様が伝わってきて面白かった。
小説としては、他の司馬良太郎作品のほうが面白かったが、本書を通して近代日本を創ってきた人々の価値観にわずかながら触れられたような気がした。

自分の歴史認識の中でポッカリ抜けた近代史について知る上でとても良い本の一つだった。





評価:
司馬 遼太郎
文藝春秋
¥ 670
(1999-01)


スポンサーサイト

2010.04.26 Monday
  • -
  • 13:11
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック